スマホのネット利用について

私はドコモのLTE毎月3G制限を利用しています。

メリットとしては大手キャリアのデータ通信ということで非常に安定して使用できるということがあります。最近では格安スマホという言葉を多く耳にするようになり、私の周りでも毎月の出費が減るということで格安スマホを利用している人はいるのですが、やはり通信が安定せず使える時間帯と使えない時間帯両方あり、場所によってはまったく使えないということでした。

スマホの一番の魅力はどんな場所でもどんな時でも気軽にネット利用ができることだと思います。その点において大手キャリアでは日本のどこにいてもまず使えますし、ネットにつながりにくい時間帯というのもありませんから、スマホを最大限楽しめると思います。

デメリットとしては、やはり月額料金の高さでしょう。これは大手キャリアのスマホを利用している人の多くが感じていることだと思います。

LTEを利用するとなるとデータ制限かけたとしても毎月最低でも5000円程度の出費がかかることになります。これは大手キャリアの間で料金競争がなされてないからだと思います。今後スマホ利用に関して望むことはやはり、料金の低下です。

私自身毎月のスマホ利用料が家計を圧迫していますし、多くの人がスマホ利用の割高感を感じていると思うので、これに関しては企業努力でなんとか解決してもらいたいです。

ポケットWi-Fiのコストとメリットを考察する

スマートフォンのいわゆる2年縛りが終わって、次の契約ではかなり利用料金が上がってしまうのを機にポケットWi-Fiに変更しました。今ではそのポケットWi-Fiを利用してスマートフォンと自宅のノートパソコンとタブレットの3つの端末のネット接続をしています。

ポケットWi-Fiに変更する前にはスマートフォンが5000円程度、自宅の光ファイバーが6000円程度、タブレットはWi-Fi専用でありましたので料金はかかりませんので、約11000円程度がかかっていた計算になります。

ポケットWi-Fiに変更した後には、スマートフォンの利用料金は1000円程度になり、インターネット接続はポケットWi-Fiだけで4000円程度を合計すれば5000円程度のコストに抑えることができています。月額約6000円程度のコストダウン、年間に換算すれば7万円以上のコストダウンということになります。なかなかもコストダウンと言えると思います。

もちろん、自宅では光ファイバーに比べるとかなり遅く感じることもありますが、何とか使用することができていますし、タブレットの使い道が限られていたのが、ポケットWi-Fiにしてからはタブレットの利用頻度が上がりかなり便利さが増しているという思いがけないメリットもありました。

引越しで新しくwimaxのキャンペーンを比較検討するなら

先日引越しをしたのですが、引越し先で新しくwifi環境を持つことになりました。最初に光回線の工事を依頼したのですが工事まで1ヶ月程度かかるとのことで考えた結果、光回線の工事が完了するまでポケットwifiを利用することにしました。

早速ワイモバイルのポケットwifiに決定したのですがワイモバイルではデイリーレンタルを扱っていなかったので代行会社のデイリーレンタルプランで契約しました。

費用は1日300円 1ヶ月の上限6000円。これに発送費などでプラス1000円程度です。1ヶ月程度ならこれで十分かなって感じでした。

メリットは気軽に頼めることですね。ネットで注文したら次の日には郵便で届きました。支払いもカードで出来るので簡単でした。

工事なしで利用できるのは結構メリットがあると思います。ネットで簡単に注文できるので、無線LANを購入するのと同じぐらいの感覚でできます。

今は220Mbpsも速度が出るんですね。4×4MIMO搭載なんて記載がありますが、簡単に言うと以前の110Mbpsの速度の電波を2本同時に利用することができるっていう感じですかね。

2年間はギガ放題に加入することで、月間の速度制限無しで利用することができます。

出典:わかりやすいWiMAXキャンペーン比較ナビ

デメリットはやはり速度が遅いですね。光と比べるのも酷かもしれませんがもう少し速度欲しいところですね。しかし普通に使用する分には十分でしょう。私が借りた物は通信制限がないタイプだったのですがこれは実際には少し違い7Gを超えた場合は500MBごとに端末で通信制限の解除の設定をしなくてはいけません。

この設定自体は簡単なのですが500MBなんてすぐに使ってしまいますので頻繁に解除が必要になります。

トータルとしては1ヶ月弱の利用では満足しています。余計な契約とか縛りがなかったので。

iphoneでのテザリングにはデメリットも有ります

一人暮らしを始め、ネット回線をどうしようかと悩んでいました。
そんな私の目に飛び込んできたのは折り込みチラシの「テザリング無料」の文字でした。

そういえば携帯を契約したときに「本来は有料なのですが2年間無料になりますので…」と言われテザリングを申し込んだことを思い出しました。

今まで光回線を使用していたので不安も覚えましたが、試しに使ってみよう!と思いPCとiphoneをUSBケーブルで繋ぎました。

Bluetoothやwi-fiでの接続も可能になっていました。
インターネット共有をオンにすると画面上に青色のバーが出現し「共有中」の文字が。
その後IEを立ち上げると素早くホーム画面が表示されました。

特別な設定も必要なく、速度はネットサーフィンをするぐらいならまるで問題ありません。
動画を見たり、写真の多いサイトではもったりすることもありましたが速度制限がかからない限り不便を感じることもありません。

光回線を別契約すれば倍近くの通信料が月々かかるのでテザリングは経済的だし、手軽で素晴らしいなと感じました。

一方デメリットもありました。
iphone自体の故障が起こったときです。
一度落下が原因で電源が入らない現象が起きてしまいました。

田舎に住んでおり、修理をしてくれる店舗は車で片道1時間半。
今までならPCからSNSにログインしてやり取りもできていたのですが、iphoneが動かないことによりPCまで起動せず、緊急連絡にSNSが利用できない状態に陥ったのはとても不便でした…。

しかしそれを除けば場所も選らばずネットが使用できるのは大きなメリットですし、いつも払っている携帯代より多く請求が来ることはありませんから安心です。
不安は残るけど、他の回線は高いなあと感じる方には是非試して欲しいです。

wimaxの電波って

wimaxは速度制限なしの使い放題とうたっているだけあって、ノーリミットモードであれば、通信速度制限という、月間でのデータ通信量を気にせず使用することができる。

さらに、auでスマートフォンを使用していると、スマートバリューmineという?マホの通信料金を割引してくれるサービスもあり、お得にも使える。

ただし、このスマートバリューmineは自宅の固定通信の割引auスマートバリューとは併用できないし、契約プランによっては、割引額が下がることもあるので気を付けたい。

参考:

そして、wimaxのwi−fiルータを使用するにあたって大きな欠点が一つ。
通信エリア内であっても電波が入らないというものだ。

「お客様お住まいの集合住宅ならご利用いただけます」という販売店員の言葉を信じて契約するも、実際屋内に持ち込むと電波が入らないのだ。家にネットをひく代わりに、ルータを契約した人からすればなんとも残念な話だ。

友人のそんな体験談を事前に聞いていた私は、auショップに行き、店員に相談をしたところ、エリア調査機を借してくれるというのでその提案に乗ることにした。

レンタル料は無料、1週間以内での返却が条件だった。

注意事項の説明を受け、免許証の提示をするとすぐに貸してくれた。
もちろん、その時に私の自宅であるマンションは電波が入る対象なのかどうか聞いてみた。
返事はYesだった。

早速自宅に帰り、まずマンションに入る前、つまりマンションの前の道路で電界表示を確認した。
電波は4本、フルで入っていた。
それがエレベーターに乗り、4階にある部屋の前までくると2本になっていた。

そしてついに自宅内へと入り、リビングで確認をすると

「圏外」の文字が。

私はそのままUターンをし、auショップへそのルータを返却した。
友人の話を聞かず、店員に相談もせず購入していたら、大変なことになっていたかもしれない。
そう思うと少し、ぞっとした。

実はコレ、結構あるケースのようです。
皆さんも購入前には事前に確認することをお勧めします。

無料WiFiは便利だが気をつけるべき

最近ではスマートフォンやiPhone、またはパソコンを持つ人は増えてきているでしょう。そしてますますWiFiを利用してインターネットやビジネスをされる方も多いですね。

そこでいたるところにある無料WiFiについてメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

カフェや駅などにあるWi-Fiはパスワードキーがあるものとパスワードなしで使用できるものがあります。パスワード入力不要のものはものすごく便利で簡単に使えますが、まずセキュリティーは手薄です。パスワードキー入力が必要ないということはそれだけセキュリティー面にも力を入れてないと考えてください。

次に無料WiFiでパスワードが必要なものはまだ比べたら安全度は上がります。しかし所詮、公衆無線なのでセキュリティーは劣ります。これはたまに聞くのですが、無料Wi-Fiを使用していてデバイスのデータが盗まれるというのは聞いたことがあります。

したがって、それを守る面でも各デバイスにはVPNというソフトまたはアプリを必ず入れてWi-Fi時には起動して使うようにしたほうが賢明です。

VPNというのは簡単に言うと、自分だけのネットワーク回線を使用してインターネットをするというもので、セキュリティー面はかなり期待できます。またVPNは無料のものもあるので手軽にゲットできます。

今話題の格安SIMを使ってみた

ある日ふと、思ったのです。なんでこんなに携帯料金を払っているんだろう、と。
スマホなのでパケットし放題、定額制の通話プラン、携帯本体代で、月1万円ほどの支払いです。

1万円って冷静に考えるとすごく高いです。もう猛烈に携帯会社に腹が立って、10年契約していた携帯キャリアを解約することにしました。

そして今話題の格安SIMを使うことにしました。

格安SIMの月額料金は3GBのパケット通信と音声通話(課金制)で月額1800円ほどです。私はあまり電話をしないので2000円もかかりません。パケット通信も通話も、キャリア携帯と全く変わりなく使用できます。
格安SIMのメリットは…

  1. 安い。とにかく安い。
  2. 2年縛りがない。
  3.  

  4. スマホ本体もSIMフリー端末など選択肢が増える

格安SIMのデメリットは…

  1. 故障してもキャリアでは対応してくれない
  2. キャリアメールが使えない。
  3. テザリングができない。

ちなみに、筆者はキャリアメールを使いたかったため、3G回線を新規契約して、キャリアメールを使える状態にしています。
ですので、月の料金は格安SIM+キャリア携帯の2回線で3000円未満です。安いですよね。
今となってはどうしてさっさと格安SIMにしなかったんだろうと思います。